BLOG

極限の軽さを求めて

なんだか、春めいてまいりましたよ。

アウトドア遊びのシーズンインに向けて財布の紐が緩みがちになっている今日この頃。
今回もネットポチりに拍車をかける、新商品のご紹介です。

リバーズお得意のウルトラライトアイテム。

極限の軽さを求めた「ウルトラライトハイカーマグ」を、3月22日にリリースします。

また、変わり種アイテム出してきたなーって思いました?
半分正解です笑

これまでも軽量ステンレスボトル「ステム」や超小型コーヒードリッパー「マイクロコーヒードリッパー」等、
軽量コンパクトな製品を出し続けてきたのは、リバーズファンの方々ならすでにご存知かと。

今回の眼目は、初のチタニウム採用という点だと思います。

チタンとも呼ばれるこの金属素材。

あのF-1マシンにも多く採用される高性能金属であるというのは、詳しい方ならご存知かと思いますが、
ドリンクウェアとしても人気の原材料です。

ステンレスよりも少し黒っぽい見た目ですが、いわゆる金属臭が少なく、
飲み物の味をストレートに楽しめるのが、ドリンクウェアに最適な理由です。

さらに熱伝導率がアルミやステンレスと比して低く、ホットドリンクを飲む際に口をつけても
「熱っ!」ってなりにくいのが嬉しいです。(熱湯を注ぐとその限りではないですけど。。。)

名前の通り、ウルトラライトな重量はわずか34gという驚異的な軽さ。

初めて見た人は口を揃えて「ちっさ!」とツッコんでくれますが、
見かけによらずコーヒー1杯が余裕で入る容量180ml。

一般的なチタンカップは、400ml前後のサイズが多いですが、コップ代わりに使おうと思うと
ちょっと大きく、なかなか飲みきれなかったり、冷めやすかったりします。

そこで、あえてコーヒー1杯分の小さめサイズとして割り切ることで、
使い勝手と軽さを両立させたのが、このアイテムです。

180mlといえば、約米1合分。カップギリギリまで入れると約200ml入るので、
計量カップとしても役立ちます。1つで2役をこなしちゃう、軽量装備の方に喜ばれるやーつです。

オープンハンドルにすることで、スタッキングを可能にし、持ち運びやパッキングもしやすくしています。

野外コーヒーが大好きすぎる我々から是非ともおすすめしたいのは、
マイクロコーヒードリッパー(以下、MCD)と組み合わせた世界最小のコーヒーセット。

34gのマグ+36gのMCD+1人分のコーヒー豆10g=合計たったの80g!
およそバナナ半分の重さで、野外コーヒーを楽しめちゃいます。

おすすめのパッキング方法はこちら。

①コーヒー豆1~2杯分をあらかじめ挽いておき、小さめの保存袋にいれる

②その袋をマグカップの中に入れて、

③上から逆さまにしたMCDをフタのように押し込む

これが気持ちいいくらいにジャストフィット!
デッドスペースもなくパッキングできておすすめです。

2人分をパッキングしてもこのサイズ感。
登山だけじゃなく、ソロキャン、バイクツーリングをする方にもぜひおすすめしたいアイテムです。

https://rivers-store.com/items/5f08339aec8fd320de44b3c5/