BLOG

ジェリー鵜飼 × リバーズ 発売開始のご案内


 
 
昨年12月に行われた「FIELD STYLE Jamboree 2019」。
 
その会場において、限定先行販売された人気イラストレーター ジェリー鵜飼氏とのコラボウォールマグスリークは、
おかげさまで大変な人気っぷり。改めて氏の人気を肌で感じることとなりました。

さて、ジェリー鵜飼氏をご存知ない方もいるかもしれないので、
もう少し突っ込んだプロフィールをご紹介してみようと思います。
 
とはいえ、その活動が多岐に亘る氏のことですから、全部拾い上げることは不可能です。
なので、ここでは簡単なご紹介になっちゃいますが。
 
◆言うまでもなく人気イラストレーター。タコマフジのあのロゴも氏の作品です。
◆雑誌GO OUTの人気コーナー”SOTOKEN”にて執筆。私もよく読ませていただいています。
◆アパレル”ULTRA HEAVY”を展開。スタイリストの石川顕さんとアーティストの神山隆二さんの3人ユニット。
こっちもお洒落!
◆小説の執筆にも挑戦。既に2作品は上梓されていて、今後の発表が待たれます。
◆アートディレクターとして国内アーティストのアートワークやアパレル広告なども手掛ける。
 
他にも色々と活動されていますが、多すぎて把握できないという状況。
まさに、才能の一点集中。
 
個人的には、不公平感がとんでもないです。
そんなことで、世のお洒落ピーポーたちが氏の作品にザワつくんですね。
 
 
で、そんなジェリー鵜飼氏にずうずうしくも、リバーズのオリジナルイラストを描いてもらうという
暴挙に出たのが去年の夏頃のお話。
 
アウトドアライフをさらに楽しく!という思いを込めて生み出された
2つのグラフィックが完成し、いよいよ皆様のお手元に届けられる日がきました。
 
まずは、オリジナルで描き下ろしてもらったのが、この「リバーズボーイ」グラフィック。
 

 
「一体これは誰だ?」とモデルの特定に向けて社内に不穏な空気が流れましたが、
どうやら誰でもないだろうという結論に至った、ゆるふわキャラ。
 
ボーイと呼ぶわりにオジさんにも見えなくもなく、いい年をして大人になりきれない男性スタッフが多い
リバーズの特長を鷲掴みしていると、心密かに確信しております。
 
いずれにしても、意表をつく角度から飛び込んできたこのグラフィックの希少価値は計り知れず。
レアものハンターの本領発揮と、今から心が躍ります。

 
 
もうひとつは、先日のブログでご紹介したジェリー鵜飼氏の定番キャラクター「ジェリーマルケス」が、
よく見るとリバーズマグを持っているというスペシャルグラフィック。
 

 
ジェリーマルケスくんはこれまでも錚々たるブランドとコラボしていますが、
負けず劣らずの可愛さだと、自負する次第です。
 
ふと思い出したんですが、そういえば今年の干支は鼠ですね。
 
 

いや、この紹介とはまったく関係ないんですが、どうしてもツブヤキたくなりました。
 
 
さて、この愛らしいグラフィックを落とし込んだ2種類のアイテムとは、
今や定番のタンブラーモデル「ウォールマグ スリーク」と、
去年9月に販売したタフなステンレス水筒「スタウト」の700ml&1000ml(2サイズ)。
 

 

 

 

 
 
今回のブログでは敢えて商品説明はしないので、商品についてくわしく知りたい場合は
こちらのブログをチェックお願いします。

スタウトについて詳しくはこちら
 
では、本日よりオンラインストアにて販売スタート。
 
ジェリー鵜飼ファンも、そうでない方も、このチャンスをお見逃しなく。
 
https://rivers.stores.jp/