BLOG

ロンドン出張編2

ドモー!ジェイド、デース!

ロンドン出張ブログ第2弾は世界股かけ系リバーズ恒例の旅ブログ。
はりきっていきますよー!(前回ブログとは完全別キャラですが、ついてきてますかー!?)

どうせ旅ブログなら、ちょっとでも役立ち情報を!ということで、話題のキュレーションサイト風に訪れるべきロンドンHOT SPOTのご紹介(超主観)。ロンドン訪問の際に参考にしてください。※写真は全て自身で撮影してます。

E Pellicci
所在地: 332 Bethnal Green Rd, London E2 0AG イギリス

イギリスの朝ごはんといえば、ボリュームたっぷりのイングリッシュ・ブレックファスト。朝からテンション上がります。

そんな魅力的な朝食をとるのにおすすめしたいお店がこちら。1900年から家族経営を守るイタリア移民のcaff(昔ながらの大衆カフェ)で、味はもちろん抜群ですが、ポイントは何といってもスタッフの陽気なキャラクター。眠い朝に、間違いなくエナジーを与えてくれます。
ここの朝食が毎日食べたくて、近くに引っ越してくる英国人がいるというのも頷けちゃいます。

113

味も最高だし、めちゃめちゃフレンドリーな店員さん。すぐに仲良くなれちゃいます。

Design Museum
所在地: 224-238 Kensington High St, Kensington, London W8 6AG イギリス

アートへの関心が非常に高い国、美術館は基本入場料無料、300以上のミュージアムが存在していると言われています。個人的にオススメしたいのが、デザインミュージアム。アートというよりも、プロダクトデザインに重点が置かれた美術館で、歴代の世界的名品が並びます。モノづくりに携わる者にとっては非常に刺激的です。

3
99

イーストエリア

もうオススメのお店とかじゃないです。街です。
流行の発信地であるイーストエリアはコンパクトなエリアに感度の高いレストラン、カフェ、ホテル、ショップ等々が集結していて、ロンドンの『今』を思う存分体感できちゃいます。時間がなくてもここだけは見逃せません。

それでは、イーストエリアの様子を、フォトレポートでご覧くださーい。

4

今回の滞在先はNY出張ブログでも紹介したACE HOTEL。イーストエリアを遊びつくすのには完璧なロケーションに位置しています。

 

 

7

こちらはロンドン最高峰のピザ屋さん、、、ではなく、Jasper Morrison Shop
右の黒い扉が入り口になっていて、よーく見ないと見過ごします。一発でたどり着けるかな?

 

8

インターホンを押し、扉を開けてもらい、秘密の通路を通ると・・・・

 

9

ようやくお店が現れます。なんですかね、この粋な計らいは。店にたどり着くまでの体験がすでにプロダクトとして成立してる気がします。店内にはジャスパー本人がデザインしたプロダクトに加えて、セレクトアイテムが美しくディスプレイされています。

 

5

ロンドンに来たら食べておかなきゃいけないのがフィッシュ&チップス。イーストエリアにある人気店のPoppie’s Fish&Chipsは沢山の人で賑わいます。ただ、めちゃめちゃボリューミーなので、気をつけて!

 

10

街を歩いていると至る所でストリートアートを見かけます。写真は、世界各地にゲリラ的にグラフティを描く覆面芸術家『バンクシー』の作品。

 

こうして並べると非常に少ない情報ですね。実際には1日では回りきれないほどたくさんの魅力的なお店とロンドンっ子たち。カッコ良いお店とか美味しいお店が山ほどありました。とにかく、初訪英の私には刺激が強すぎたロンドン出張。

完全に虜です。

See you soon, UK!

JADE IMAOKA

保存

保存