BLOG

水出しスペシャルティーコーヒーを楽しむ

夏が来ましたね。

夏の定番といえば「アイスコーヒー」ですが、
巷ではスペシャルティーコーヒーベースのアイスコーヒーが、
かなり熱いことになっています。

最近ではアレンジドリンクとして
「アイスコーヒーのトニックウォーター割り」という斬新な飲み方まで!
私も頂きましたが、意外にも (?) おいしかったです。
コーヒーの可能性がどんどん広がっています。

水出しコーヒーは、その名の通り水だけで抽出する方法で、
熱を加えないため苦みが抑えられ、マイルドでコクがありコーヒーの甘みを味わえるのが特徴です。

そこで今回は、コーヒープレスで簡単に淹れられる水出しコーヒーのご紹介。
出来上がり量は500〜550mlぐらい、大き目のグラスに氷を入れて2〜3杯分程度です。

 

さて、その作り方。

 

1. 揃えるものは、コーヒープレスフープ / コーヒー豆(中挽きまたは粗挽き)40g程度 / 約600mlの水
19

 

2. コーヒー豆をビーカーに入れます。
26

 

3. 続いて、水を注ぎます。
33

 

4. その後、フタ代わりにラップをして一晩置きます。
(冷蔵庫でも保管しても良いですが、常温の方が抽出具合が良いと言われています)
51

 

5. 待つこと、目安として8~12時間。フープのプランジャーと氷の入ったグラスを用意します。
6

 

6. ラップを外してプランジャーをセットし押し下げたら、あとはグラスに注ぐだけ。
8

 

7. はい、完成です。
9

 

※同じ種類のコーヒーでも、豆量や水量、抽出時間などで味も変わります。
上記の数字を参考に色々と試して、好みの味をみつけてください。

作り方が簡単ということもありますが、日頃ホット用に使っているコーヒープレスで
水出しが作れるというのも嬉しいですね。

今年の夏は自宅で水出しスペシャルティーコーヒーにチャレンジしてみませんか?