BLOG

アウトドアマン必携ボトル『スタウトエア』新登場!

『ペットボトル感覚で使える水筒』のコンセプトのもと、
これまで約10年販売してきたリバーズのリユースボトル。

累計販売数は200万本を超え、また多くの類似品や模造品が世界中に出回るなど、
今も人気製品のひとつです。

アウトドア愛好者に、このボトルのファンが多いのも、
軽くて丈夫という外遊びに最も大切な要素が受け入られたからこそ。

そこで、我々はもっとアウトドア向けのボトルを目指そう!と、
「あーでもない、こーでもない」と開発に力を入れてきたのが、
今回ご紹介する『スタウト エア』なのです。


■「スタウト エア」の特長とは!

スタウトエアは400ml、550ml、1,000mlの 3サイズ展開。
冒頭の写真でもわかるように、アクティビティやフィールドに合わせたボトルの使い分けを目的としています。
ドリンクやフード、時には計量器やシェーカーとして、アイデアを膨らませてみてください。

本体に使われる「トライタン」はガラスのような透明感を持ちながら、
BPAフリーの安全な樹脂素材。岩場に落とすような事があっても、
まず割れることはないという頑丈なマテリアルで、今やアウトドアでは欠かせない人気素材のひとつです。

 

■超マルチプレイヤー、何本あっても困らない?

・水筒として

軽量ウォーターボトルとして、必要に応じたサイズが選べるのが嬉しいですね。
フタはシリコーンストラップ付きだから、カラビナでぶら下げてみたり、フタを紛失する心配もありません。
テーブルスペースの限られるキャンプでは、デイジーチェーンやタープポールにぶら下げておくこともできます。

そして標準装備の中フタ(スプラッシュガード)はなんだかんだとても便利。
動きながらの水分補給には必須の機能です。

 

・ミニウォータージャグとして


1,000mlの大容量は、水場の遠いキャンプサイトでウォータージャグとして使用したり、湧き水を汲むのにも使えます。
ボディには目盛りがプリントされているので、調理時に水を計れるのもポイントです。


・コーヒーサーバーやワインデキャンタとして

スタウトエアはアルコールOK、耐熱温度100℃なので熱湯もいけます。
1回で数人分淹れるキャンプでのコーヒータイムにはコーヒーサーバーとしても機能します。
※熱湯を入れた場合、ボトルが熱くなり、素手で触ると火傷する恐れがあります。熱湯を入れる場合は手袋を使用するか、タオルや手ぬぐいを巻いてご使用ください。


・フードストレージとして

400mlはコーヒー豆やナッツなどの行動食を入れてフードストレージとしても。

シンプルな構造とルックス、堅牢性や軽量性を活かしながらアウトドアスペックにアップデートしたボトルは、
よりアウトドアシーンでの可能性を広げるボトルに仕上がりました。

是非みなさんのお手持ちギアに1本加えてみてください!

早速オンラインストアをチェック!(5/9発売予定)

https://rivers.stores.jp/items/5b90f76aef843f1ad90001a2https://rivers.stores.jp/