BLOG

挽きたての豆を楽しめるリバーズのグラインダーに、インダストリアルな新色『シルバー』が登場

リバーズのコーヒーグラインダー『GRIT(グリット)』に、

新色のシルバーが追加されることになりましたので、ご案内です。

 

と、その前に「グリット」って何だ?という方に向けて、まずは「グリット」の特長をおさらい。

 

「グリット」はリバーズが初めて発売したコーヒーグラインダーです。

マットブラックの強烈なルックスがギア好きなコーヒーラバーやアウトドアピープルに大受けして、

一躍人気アイテムとなりました。

 

そもそもですが、コーヒーを淹れるにあたり、淹れる直前に豆を挽くというのは、

おいしく飲むための絶対的な前提条件です。

そしてグラインダーであればなんでも良い訳でもありません。

 

特に大事なのは、均一な粒度を保つ事

 

粒のサイズにムラが少ない事で、豆の本来のおいしさをしっかりと引き出すのです。

で、グリットの特徴を簡単にまとめると・・・

■ 深めに設計された刃のおかげで、短いハンドルでも馬鹿力不要。女性にも嬉しいですね。

■ 固定された上刃構造により、使用時の刃振れが少なく、豆粒度を一定に保ちやすい。これ大事!

■ ハンドルは本体シリコンバンドに収納可能。コンパクトに携行してアウトドアで活躍間違いないです。

■ 内臓ブレードはセラミック製。鉄製と比較して錆びないし、鉄の臭い移りも無し!メンテナンスも手軽です。

 

更に詳しく知りたい方は、こちらのブログをご覧ください。

http://www.rivers.co.jp/blog/2017/08/22/post-2774/

 

さて、話題は戻り、新たにラインナップされたシルバーについて。

ボディにヘアライン仕上げの無垢ステンレスを採用。

同じフォルムでも黒とは全く違った印象ですね。

とはいえ、シルバーのグラインダーってよく見かける気がします。

そこで、またまたこだわっちゃう訳ですね、リバーズとしては。

先ほどから写真でチラチラ見えてますが、ハンドルにプロダクトコードを記す刻印が刻まれており、

無骨でインダストリアルな雰囲気に仕上げてみました。

不思議なもので、これだけでギアとしての風格が3倍ぐらいアップした気がします(当社比)。

スタイリッシュなマットブラックか、インダストリアルなシルバーか。

悩み深い選択肢を登場させてしまったかもしれません(笑)

アウトドアにガンガン行っちゃう自分的には、シルバーです。

キャンプや登山では、金物は岩肌や他のギアにぶつけて傷だらけになりがちですが、

その使い込んだ経年劣化の風合いこそがシルバーの真骨頂!と信じる自分です。

みなさんもカッコよく、ボロボロになるまで使ってみてください。

いよいよ9月に入り、刻一刻と食欲の秋ならぬコーヒーの秋が近づいております。

これまで豆はお店で挽いてもらっていました、という方。

今年こそは自分で豆をガリガリゴリゴリしてみませんか?

楽しいですよー!

 

オンラインストアで商品詳細をCheck!!

https://rivers.stores.jp/items/5b90f76aef843f1ad90001a2https://rivers.stores.jp/