BLOG

今夜はドギーバッグ

春と冬とが、一進一退の攻防を繰り広げている今日この頃。
お陰様で2月の決算を無事、好調に終えられそうです。

そこで新たな期を迎えるにあたって、今期の労苦をねぎらいましょう!ということで、
六本木は「ウルフギャング」でスタッフ食事会を催しました~。

いざ扉を開ければ、フロアに華やかな光。
魅惑のメニューに心変わりしつつもオーダーが完了したら、さあ120分の旅の始まりです。

シャンパン、ギネス、サングリア、マティーニから、巨大ロブスター、トマトベースのマンハッタン・クラムチャウダーまで
色とりどりでしたが、やはり圧巻はテーブルに鎮座するTボーンステーキ!

こいつをビールで一気に流し込むなんて、滅相もない。

慎重に頬張ったところ、いや泣けたっス。

その柔らかさ具合にマジ泣けたっス。

とまあ堪能したわけですが、
あまりのヴォリュームのため、残りのお肉はアメリカンスタイルでお持ち帰り。

やはり、MOTTAINAI精神は大事ですよね。

お腹もココロも満たされた帰り際、某新人スタッフは叫びました。

「リバーズに入ってよかったっす!」

そんな思い出もバッグに入れて-
We are Team Rivers, oh yeah!

茶谷