PRODUCT

フープ兄弟

HOOP350
HOOP350_web_002 HOOP350_web_003

 

人気のコーヒープレスHOOP(フープ)のダウンサイジング版として、HOOP350を開発した。

 

兄であるHOOP720は、ビーカーの付け外しが至極簡単、洗浄する際の手間を大きく省くことができる。

更に「微粉フィルター」なる豆の微粉を減らすための金属フィルターが注ぎ口部分に設けられ、より滑らかなマウスフィールを実現したお陰で、発売から2年以上経つが未だに人気の製品だ。

 

これらの機能性はそのままに、ダウンサイジングされたHOOP350。

淹れられる量は280ml前後のため、大きいマグカップ一杯分か、または小さいコーヒーカップ2杯分である。

 

実のところ、HOOPはそもそも350ml用としてデザインされた。

当時、同じ350mlのコーヒープレス「コア」を発売したばかりということもあり、同容量の製品を2種類出すのは如何なものかという判断から発売が見送られた製品だ。

 

ということもありデザインバランスという視点から、このサイズはよりデザイナーの気持ちがストレートに伝わってくる。
考えてみれば、構想から3年以上手元にあるにも関わらず、見飽きることなく、数年の時を経て素直に作りたいと思わせることの凄さ。

 

発売されることのなかった350ml。
いつかはこれを製品化したいという想いをやっと実現することが出来た。

 

HOOP350_web_003

商品詳細はONLINE SHOPにて。

保存

保存

保存