PRODUCT

FELLOW(仲間)が加わりました

FELLOW STAGG KETTLE
12

その昔、アメリカのコーヒーといえば何やらオイシクナイコーヒーの代名詞であった。

 

日本の喫茶店でお馴染みのアメリカンコーヒーは、レギュラーコーヒーをお湯で割ったコーヒー。そして奇しくも欧州において、エスプレッソをお湯で割ったコーヒーもカフェアメリカーノと呼ばれる。どちらも「薄いコーヒー(エスプレッソ)=アメリカ」という意味合いからも、その扱われ方というか、何か特別な意味合いが汲み取れまいか?と深読みしてしまう。

 

 

ところがここ最近のアメリカのコーヒーシーンといえば、スターバックス以降から約20年、まるで元来がコーヒーの国であったかのような変貌ぶりである。あれ、おまえそんなヤツだっけ?的な、久しぶりに同窓会で会ってびっくりというパターンの激変ぶりなのだ。

 

さて、いつもの通り長い前置きを経て告白するが、そんなアメリカンなブランドと組んで一緒にお仕事することになった。

 

陽気なカリフォルニアからやってきた、すごく真面目なヤングアメリカン達。その名をFELLOWという。様々な縁からFELLOW製品の日本代理店と相成り、最初に紹介するアイテムがこのケトルなのだ。

 

 

何はともあれ、スタイリッシュというのが恐らく皆の第一印象。そして蓋の上には温度計。

 

コーヒー抽出に最適な温度は89度だよね(92度とか、諸説あり)というコーヒーギークに向けたマニアックなガジェットなのだが、60~70度あたりを良しとするお茶にも使えたりして、これが意外と目から鱗の優れものだったりする。

 

また、点滴の如くお湯をポツポツと落とすテクニックも、最近改良されたノズルの形状のおかげですこぶる快調で、本当に注ぎやすい。いわば死角の無い完全無欠なドリッパーケトル。

まさに最近のコーヒーアメリカンを象徴するかのようで、なにやら気に食わぬが、ここは素直に愛用中なのである。

 

 

4

 

カラー:ポリッシュシルバー、マットブラック

詳細はオンラインストアをご覧ください。

保存

保存

保存