PRODUCT

DINER MUG BURLY

ダイナーマグ バリー

決してわざと割らないでください

BURLY_DSC_0320

 

よく聞く「鉄板」という表現。いわゆる鉄=硬いというところから、「堅い」「間違いない」という意味合いで使われるが、これが本来ギャンブルの用語 であることはご存知か?絶対外さない馬券なんて最早ギャンブルではない気もするが、賭博の世界にも大穴狙いではなくコツコツと当てていくタイプの人は少な からずいるということらしい。今では「鉄板」は芸人の世界にまで波及し、芸事において必ず笑いを取れる、拍手をいただけるという意味でも用いられるのは既 に皆ご存知の通り。

 

このバーリーという磁器製のマグにも、実は鉄板の営業トークというものがある。

 

100年使えるというコンセプトの元にもなっている頑強なこのマグ。 通常は窯に入れて1,200℃程度で焼き上げるところを、1,300℃以上の高温かつ長時間で焼き上げるために堅く焼き締められ、茶渋などの汚れもつきにくいのがその由来。さらに本体の壁部分を少し厚めに設計しているので、尋常ではない強度を発揮する。

 

さて、本来であれば然るべき検査所に依頼し規定強度で破壊検査をするのだが、今回は少々荒っぽく試してみた。いきなり2メートルほど宙に放り投げ、アスファルトの上に叩きつけたのだ。ガツッという鈍い音を響かせ転がるバーリー。だが驚くことに、少し傷がついただけで、ヒビひとつない。実際、今でも毎日このマグを使って美味しくコーヒーをいただいている。

 

この話をするとみんなニヤっと笑って「本当?」と言いながらバーリーを空に放り投げようとする。鉄板の営業トークではあるけど、製品は鉄板じゃないんだよ。こらこら、俺の目の前で落とすんじゃないよ、割れちゃうじゃないか。

*_OND6532
BURLY2C&Piggy

カラー:アイボリー (LPLC)、ブラウン (KHLL)

商品詳細はONLINE SHOPにて。