BLOG

山使いでも活躍間違いなし!ボトルハーネスがリニューアル


 

商品開発において、自分が欲しい物が必ずしも売れる製品になるとは言えないのが鉄則。
強すぎるこだわりは、得てして共感が得られないことが多いようです。
 

そういう意味でも、これって売れるかなあ〜と思いつつ発売に踏み切ったのが、
この「ボトルハーネスIVY(アイビー)」。
 
2年前のことでした。
 
それが蓋を開けてみると、爆発的売れ行き!とは行かないまでも、
地味に 堅実に売れ行きを伸ばし
1つあると意外に便利という使い易さが受けて、お陰様で安定した人気を得ています。
 
さて、この「アイビー」。
 
発売から2年経過したということは、それなりにユーザーボイスも頂戴し、
自分たちも「う〜ん、ここは改良したいぞ」というポイントがみつかりました。
 
 
そこで今回、「アイビープラス」としてリニューアルすることに。
 
発売時には売れるかなぁ〜と心配だったのに
次モデルが出るほど成長しちゃって、立派になったもんだなぁ〜(遠い目)。
 
では、その新機能を実際に詳しくご紹介しようと思います。
 
 
 
まずバッグパックのショルダーハーネスへの取り付け時に、
ボトルがブラブラしないように改良しました。
 

① ハンドル部分をショルダーハーネスのストラップにとりつけていきます。

これは今までと同じ作業。

② そして、新パーツ(面ファスナー)の登場!

この面ファスナーを、ホルダーの下側とショルダーハーネスに巻きつければ
バックパックへの取り付けは完了です。

上下2点で固定されるので、もうブラブラしませんね。

しっかり固定できるようになったことで、
ハイキングや山登りでも、格段に歩きやすくなりました。
 
まるで、最初からバッグパックの機能として計算されていたかのよう!!

幅広のショルダーパッドへの取り付けもご心配なく。
 
面ファスナーは長さ調整もできるので、手持ちのバッグのハーネスの
太さに合わせてお使いいただけます。

 
下の写真は、ホルダーの取り付け方次第で、
転んでもボトルが飛び出し難いという上級者テクニック(笑)

え? 面ファスナーが小さくて失くしちゃいそうだ?

ご安心ください、パーツ販売もしますよ!笑
 
 

多くのボトルにも対応可能に

さて、もう1つの改良はサイズ変更。
 

対応ボトルの最大径を70mmから74mmへ。

リバーズ製品では従来のボトルに加えて、
スタウト500/700、スタウトエア550、ステムが使用できるようになりました。

 
カラーもこれまでのブラックとカーキに加えて、
発色の綺麗なオレンジと、ブラックとは違う渋さが魅力のグレーが仲間入り。

ボトルにあわせて長さ調整もできるので、
スタウト700のような高さのあるボトルでも使用できますよ。


 
使い方はあなた次第。

今回はバックパックでの使用方法を紹介しましたが、
アイデア次第ではいろいろな使い方ができるのも味噌。
 
自転車との相性も◎
 
ハンドルからぶらさげて、本体に面ファスナーで固定すれば
ブラブラしないボトルホルダーが完成!

飲み物が手元にあって、信号待ちでさっと飲めるというのは
想像以上にストレスがなくて快適です。
 
まるで車のボトルホルダー感覚!

前モデルのアイビーと同じく、ボトルホルダーがないキャンプチェアに
ぶら下げて使えちゃいます。
 
場所をとらないから、テーブルも広く使うことができるのが嬉しいです。

変わり種として、リバーズスタッフの中には、
ガスボンベやスピーカーを入れて使うスタッフも…。

アイビーの良いところを残しつつ、
小さな改良で魅力を大幅にアップさせたアイビープラス、いかがですか?