BLOG

リバーズ 山に登る① ザ・ブーニーズ発足編

 

 

ナチュラルテイスト溢れるブランド名のためか、
リバーズにはアクティブなアウトドア集団のイメージがあるといわれます。

 

ところが実際にはむしろインドア派比率が圧倒的に高い我々スタッフ。
聞けばアウトドアへの関心はあってもきっかけがなくて踏み出せない人や、始めたばかりという人も。
ならば「山登りしたい人!」と指を掲げると、あっという間に10人近いビギナーが集まった次第。
かく言う私(足利)も山登りは素人。みんな熱いな。

 

そんなパッションを追い風に社内アウトドアクラブとしてTHE BOONIES [ザ・ブーニーズ] を発足。
スタートアップは有志の集いですが、将来は会社がスポンサードするような
スケールの大きなチャレンジをしたいなぁ。(←気が早い)

 

ブーニーズの活動を機に商品開発に縁がなかった人も巻き込み、
身を以て体験したことをモノづくりにフィードバックできる開発環境を目指します。

 

 

さて、そんな我らがブーニーズの初陣は初心者に優しい丹沢の「塔の岳」登頂が選ばれました。

 

登山までの約1ヵ月間。入念な打ち合わせを重ね、徐々に気持ちが盛り上がります。
モノ造りが好きな我々ですから、ギア選びは当然大好物。
私も色々なアウトドアショップに足を運び、ギアを買い漁る日々。
プロダクトフェチにとって山登りは登山前が絶頂(ピーク)なり。

 

A

そして当日。

お披露目の場となったスタート地点に集う、サッカースタイルやフェススタイル、思い思いの格好をした素人チーム。

 

向かって左の彼は当ブログでもお馴染みのジェイド。
持てるだけの道具を全て持ってきた道具偏愛症の彼の名を新しく命名。その名も「ギア男(お)」。

登山のためにギアを買うというよりも、ギアのために登山をする男、それがギア男なり。

 

そんなギア男が推定10kgのザックを持って現れました。どこ行くんだよ。。。。

日頃、絶対的に運動不足なだけに、間違いなく積載重量オーバーです。

途中でリタイアしたら置いていきましょう。

 

さてそれでは、いざ行かん!

B